ライトノベル研究序説 1

 



(C)青弓社

ページ数:199ページ
ライトノベルよ、どこへいく 一九八〇年代からゼロ年代まで
iPhone・iPad対応ブラウザ視聴Android対応ミステリー
コメント:
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ゼロ年代の文化の一面を象徴するライトノベルは、多くのヒット作を生み出して読者を獲得する一方で、批評の対象として多く論じられてきた。1980年代からゼロ年代までの新聞・雑誌を大量に読み込んで、ライトノベルがどういうジャンルとして認識されていまにいたったのかを、出版動向や文学/文芸観の変遷を交えて読み解く。
ダウンロード価格:2160円
※作品の価格は変更される事があります、詳細ページで再度ご確認ください。
]]> 魔眼のご主人様。 1 http://book.dmm.com/detail/b867atobk00277/ http://pics.dmm.com/digital/e-book/b867atobk00277/b867atobk00277pt.jpg 2017-04-10T00:00:16+09:00 DMM
TOブックス

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。アキバの空、アリアケの夏-。アニメ的なイラストが特徴のエンターテインメント小説、ライトノベル。メディアミックスを通してダイナミックに展開するその歴史をたどり、オタク文化・ゲーム・児童文学などとの関係性を解説するとともに、ライトノベルを読み解くための多様な視点を示す。具体的な作品読解を交えながら、ライトノベルにアプローチする方法を丁寧にレクチャーする入門書。

-- Delivered by Feed43 service

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket