七星のスバル 5

 



(C)小学館

夢幻に奏でるは、愛憎のラプソディ。ダンスパーティーから一夜が明け。現実では、希が失踪し大騒ぎになっていた。彼女のログをたどってリユニオン上空を捜索するうち、陽翔たちは空に浮く巨大な建造物――‘夢の城’を発見する。こんな常識外れの夢境センスの使い手は、希をおいて他にいない。だが、希を捜すスバル一行の前に現れたのは、グノーシスの使徒たちだった。「消えなさい、スバルの星々。夢幻の闇のなかへ――」激闘のさなか。旭姫は仄かな頭痛とともに、かつての‘悪夢’を思い出していた……。スバルとグノーシス、遂に正面衝突へ!そして、敵の首魁が、ついにその姿を現す――。 革新的青春オンライン、慟哭ひびく第5弾!※「ガ報」付き!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

-- Delivered by Feed43 service

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket