影の王国 7

 



(C)KADOKAWA / 角川書店

パタナは白の王子の血を得たため、自分が青の王子だったことを思い出す。なぜ「死神(パタナ)」になったのかも――。王が真に望むこととは何であるか知った彼は、月哉を王の呪縛から解放する。その方法を教えてくれたのは、瞳の母親・マリだった。一方、月留とイヤルドはマリの生い立ちに詳しい人物と会っていた。そして瞳も、巫女の修行によって母の過去を「夢見」する。そこには驚くべき事実が……!!

-- Delivered by Feed43 service

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket