魔術士オーフェンはぐれ旅 8

 



(C)集英社

累計1000万部を突破した伝説の大ヒットライトノベル、奇跡の復活!1994年に開始した「はぐれ旅」シリーズ第四部完結編。原大陸でオーフェンが取る決断とは!? 旧世代と新世代の未来とは!?【あらすじ】(長い日になりそうだ……)魔王オーフェン・フィンランディは魔術学校の校長室で、目まぐるしく変化する情勢を放っておく他なかった。手を打つにも手の数が足りず、匙を投げるわけにもいかない。≪死の教主≫カーロッタ・マウセンと対面を果たすも、休戦を余儀なくされていた。混沌は極まる。キルスタンウッズの壊滅、市議会からの戦術騎士団への圧力、突然の合成人間の現出…。「約束の地」を夢見た原大陸で、混乱に混乱が上乗せされていく。それでも、オーフェンは知っていた。あの時とは違う。もう全てを捨てられるほど身軽じゃない。絶望だって受け入れなければ、希望はない。答えは決まっている。「笑われても、何度でもやるさ」 20年にわたる長編「はぐれ旅」シリーズ。第四部、堂々の完結編!

-- Delivered by Feed43 service

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket