偶然の再会からの恋愛が読者の心をつかんだ「アオハライド」

   2017/02/07


読むきっかけになったのはその頃に実写映画版のアオハライドを見に行ったのがきっかけです!

まず内容としては、主人公の吉岡双葉が中一の時神社でヒロインとなる田中洸と出会います。双葉は男嫌いだったのですが洸はなぜが普通の男の子とは違いサラサラした雰囲気の洸を好きになることから始まります。

ある日、双葉は洸に夏まつりに行こうと誘い双葉は夏祭りに行ったが洸は来ませんでした。

連絡が取れないまま夏休みが終わってしまい双葉が学校に登校しましたが洸は夏休み中に転校していたため姿はありませんでした。

高校に進学した最初の冬。

なんと洸と校内ですれ違い、双葉はその時に洸と同じ学校ということに気づきました。洸は友だちに馬渕とよばれていました。
(洸の中一の時の苗字は田中)

偶然、帰り道が同じだったため一緒に帰り話している中で元「田中洸」ということを知ります。

その時に二人が両思いであったことも知りますが洸に「今はあの頃とは違う」と言われてしまいます。そして洸は昔の名前(田中)と呼ばれるのが嫌なため双葉は洸と呼び始めます。

このあたりが第一巻といったところですね。

これは読んでる度にキュンキュンしてしまい一巻みると止まらないですよ(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket