十三番目の女神は還らない 眠れる聖女と禁断の書【ミニ小説つき】 1

 



(C)集英社

【ミニ小説つき】女神の耳目である神乙女が、何者かの手により次々と昏睡状態に陥る事件が起きていた。王女リセラは神乙女ではなかったが、なぜか犯人に狙われ魔法陣により肉体と魂を分離させられてしまう。目を覚ますとリセラの魂は、400年前に魂を失ったはずの聖女ノアの身体に宿っていた。困惑するリセラと護衛騎士ルパートは、奪われた身体と神乙女たちを救うため、犯人である秘密結社を追うが……!? 電子版限定ミニ小説(WebマガジンCobalt掲載作「つぼみの王女と女王騎士」&特典ペーパー「紙上の危険な恋敵」) つき!

-- Delivered by Feed43 service

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket