灰と幻想のグリムガル 10

   2017/03/30



(C)KADOKAWA / メディアファクトリー

ある義勇兵が深い傷を負い、山中で一人その人生の終焉を迎えつつあった。死に間際、彼は思い出す。元いた世界の残滓を。そして、疑問を抱く。――この‘グリムガル’という世界とはなんなのか?と。一方、千の峡谷(サウザンバレー)を抜けオルタナを目指し東へ進んでいたハルヒロたちは、道中の森で、巨大な猿のようなモンスター・グォレラたちの襲撃を受けていた。レッドバックというリーダーに率いられたグォレラの群れに苦戦を強いられる。辛うじて追撃を振り払い、逃げ込んだのはオークの出来損ないが隠れ住む村だった……。

-- Delivered by Feed43 service

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket