寵姫志願!?ワケあって腹黒皇子に買われたら、溺愛されました 1

 



(C)スターツ出版

姉の代わりに娼館へと身売りされたリディアは、天真爛漫なお転婆娘。「目指すは皇帝陛下の寵姫よ」と大きな野望を抱く彼女に、騎士団長のレオンから指名が入る。リディアが身請けを志願すると、彼は意味深な笑みを浮かべあっさり承諾。ところが、彼はある‘密約’を持ちかけてくる。買われたが最後、イジワルで甘い彼に抗えないリディアを待っていたのは、思いもよらない溺愛で…!?

-- Delivered by Feed43 service

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket