皇帝陛下の溺愛政策

 



(C)ヴァニラ文庫

きみは私の仔猫だ皇帝陛下の膝の上で、トロトロに甘やかされて……。過保護に育てられた侯爵家令嬢ラヴィーナは、幼馴染みの皇帝テオドールからいつまでも子ども扱いで、猫可愛がりに溺愛されるばかり。「きみがかわいすぎるからいけない」彼にもう子どもではないと訴えた日から、蕩けるような甘い愛撫を与えられ、初めての快楽に戸惑いながらも抗えないラヴィーナ。そんな彼女に、予想外な求婚者が現れて──!?

-- Delivered by Feed43 service

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket