用務員さんは勇者じゃありませんので 7

 



(C)KADOKAWA / メディアファクトリー

砂漠で生き砂漠で死ぬのも悪くない、そう思い始めた蔵人の前に勇者たちを乗せた船が現れる。謝罪や敵意が混濁する交流と衝突を経て、勇者たちと別れた蔵人はオアシスの街に居を移すがやはり平穏無事とはいかず……。

-- Delivered by Feed43 service

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket