黒狼と赤い薔薇〜辺境伯の求愛〜 1

 



(C)二見書房

俺は、おまえを妻にしたかった二度と傷つけない――黒狼の異名を持つ辺境伯に望まれた公女は…白は忠誠と敬愛、赤は求愛――。騎士の催事で白薔薇を捧げられる王女たちを羨望の眼差しで見つめていたシダエ。そんな公女に異例中の異例ともいえる赤薔薇を捧げてきたのは、黒狼の二つ名を持つアラルーシア辺境伯ルディク。しかし、胸躍らせる十三歳の少女に告げられた若き辺境伯の言葉はあまりにも酷なもので……。五年後の再会は辺境伯の花嫁選びの場。並み居る王女たちを差し置いて選ばれたのは!?

-- Delivered by Feed43 service

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket