青い月の夜、もう一度彼女に恋をする 1

 



(C)集英社

ひとつきに二度、満月がくる’ブルームーン’の8月、17歳の僕は法事で京都の嵐山にある祖母に家に行った。最初の満月の夜、僕は傘で泉の水をすくっている少女と出会う。「ブルームーンが終わるまでここにいる」という彼女に惹かれていく僕。同じ年なのに不思議な雰囲気の彼女には、大きな秘密があった――「僕はずっと君を、未来で待っている」運命の糸で結ばれた2人を描く、時空を超えたラブストーリー。

-- Delivered by Feed43 service

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket