厳格なおじさまに求婚されて身も心も溺愛されるようになりました 1

 



(C)KADOKAWA / 富士見書房

天涯孤独となったクローディアを引き取ってくれた遠戚のレナード。両親の背負った負債を引き受け、何不自由のない暮らしを与えてくれる反面、身なりや躾に厳しく、夜会ではいつも地味なドレスばかりを着せられていた。早く結婚して一人立ちしたいという想いが高じたクローディアは、ある夜会で名うての遊び人に迫られスキャンダルに。怒ったレオナードはクローディアに告げる。もう我慢はしない。蕩けるようなキス。そしてプロポーズ。これまで見たこともなかったレオナードの独占欲と情欲とが燃え盛る瞳で見つめられ、クローディアはレナードの愛に貫かれていく。著者紹介園内かな2013年、オリジナルWeb小説を書き始める。2015年に書籍デビュー。愛猫にキーボードに乗られたりモニターの前で毛繕いされたりしながら原稿に勤しんでいる。代表作:『猫かぶり殿下の執着愛』『政略結婚の在り方』『公爵さまのご寵愛は甘く淫らで意地悪で』

-- Delivered by Feed43 service

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket